文字サイズ
  • 標準
  • 大
  • 特大

坂村真民記念館 ~人はどう生きるべきか~癒しの詩人 坂村真民の世界

今月のことば
今月のことば
  • 友の会
  • 商品紹介
  • 館長ブログ
  • 携帯サイト QRコードに対応している携帯電話カメラで読み取りが可能です
  • 坂村真民記念館facebook
  • 坂村真民記念館 X(旧twitter)
  • 坂村真民記念館Instagram
  • 坂村真民記念館YouTube

ホーム > 館長ブログ > 2024年6月

館長ブログ

あじさいの花

2024年6月23日

あじさいの花a
aa62
aa64
aa85
Aaaa58
あじさいの花a

鎌倉・円覚寺の夏期講座に行ってきました

2024年6月6日

円覚寺の横田管長のお話と講師の方々の講演を聴くため、5月31日から6月2日まで、鎌倉に行ってきました。
心身ともにリフレッシュして、横田管長にもお会いして、ごあいさつをすることができました。
栗山監督と帯津先生の講演要旨をまとめましたので、参考にしてください。
栗山監督
自分の「師」を持ち、その師の生き方を学ぶ。
「見たことのない景色」を見るためには、何をすべきか。
WBCの選手に対して言ったことは、「自分は侍ジャパンの一員ではなく、侍ジャパンを代表する存在なのだ、と思ってくれ」
組織を生かすとは、監督がどうこうではなく、選手、スタッフをいかに生かしていくか、ということだ。
帯津先生
外科医として、がん患者を診てきたが、手術して癌を摘出しても、再発する人が多いことに気づき、「ホリスティック医学」(人間を「体・心・気・霊性」などの有機的統合体ととらえ、社会・自然・宇宙との調和にもとづく包括的、全体的な医療を実現する)に活路を求める。
自然治癒力を癒しの原点におく。
患者が自ら癒し、治療者は援助する。
様々な治療法を選択・統合し、最も適切な治療を行う。
私は、「アンチエイジング」に対して、「ナイス・エイジング」を提唱する。
うまく老化・死をそれとして認め、老化に対して楽しく抵抗し、生と死の統合をめざしていく。
夏期講座
0302040506080907

カレンダー

6月 2024
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30