文字サイズ
  • 標準
  • 大
  • 特大

坂村真民記念館 ~人はどう生きるべきか~癒しの詩人 坂村真民の世界

今月のことば
今月のことば
  • 友の会
  • 商品紹介
  • 館長ブログ
  • 携帯サイト QRコードに対応している携帯電話カメラで読み取りが可能です
  • 坂村真民記念館facebook
  • 坂村真民記念館twitter

ホーム > 館長ブログ

館長ブログ

恒例の菊の花が届きました

2018年11月2日

コメントはまだありません


今年も、宗友福祉会の丹生谷さんが丹精込めて作られた菊の花が届き、豪華な「赤、白、黄色の3本立て9鉢花壇」が玄関に飾られました。ロビーにも、立派な「菊の花」が並んでいます。
「坂村真民が愛した草花と木」展を開催中で、展示室とロビーとたくさんの花が咲いています。
どうぞ、菊の香りと真民の心のこもった「詩墨作品」を一緒に体感できる、貴重な期間です。お誘いあわせのうえ、おいでください、お待ちしております。



自衛隊新入隊員の研修来館

2018年9月20日

コメントはまだありません

本日、自衛隊松山駐屯地所属の教育大隊で新入教育訓練を受けている自衛官と教官併せて23名が来館され、人間としての生き方や日本人の心の大切さを学ぶため、館内の展示作品を見ながら、真民詩と真民の生き方について学びました。
最後に、私との質疑応答では、感動した詩のことや自分の生き方に学ぶところがあったことを、多くの隊員が真剣に話をしてくれ、若い隊員の純粋な気持ちに感心しました。

西畠清順さん来館

2018年9月19日

コメントはまだありません

プラントハンターとして世界中を飛び回り、各地で植物に関するイベントやプロジェクトを実現させている西畠清順さんが、記念館に来館されました。高校生の時に、「念ずれば花ひらく」の言葉に出会い、人生の節目節目でこの言葉に助けられた、と言われる西畠さんは、最近までこの言葉が坂村真民の詩の言葉であることを知らないで、使っていたのですが、坂村真民記念館の存在とその言葉の出所を知り、表敬訪問されたのです。
坂村真民も、この言葉を世界中に広めてくれる若者の出現を、きっと喜んでいると思います。




西日本豪雨の被災者の方々へ

2018年7月14日

コメントはまだありません

今回の豪雨で被災された方々には、謹んでお見舞い申し上げます。

記念館が皆様の心の支えとなるよう、坂村真民の詩をお送りします。

いつもいっしょ(76歳)

いつもいっしょ!

これがわたしの信仰理念

木とも石とも

蝶とも鳥たちともいっしょ

人間はもちろん森羅万象

いつもいっしょに生き

いつもいっしょに息をする

だから一人であっても一人でない

沈むことがあってもすぐ浮きあがる

ふしぎな奇跡が起きてくる

いつもいっしょ!

ああこの愛のことばを

唱えてゆこう

わたしはタンポポとなって(61歳)

ひとよひとりぼっちだと悲しみたもうな

タンポポを見たら

わたしだと思うてくだされ

お金がないからといって歎きたもうな

タンポポはお星さまが落された金貨だから

じっと念じていたら

きっとお金が授かるでしょう

生きがたいことがあっても

絶望してくださるな

タンポポは幸せを告げ知らせる花だから

じっと念じていたら

きっと光が射してくるでしょう

ひとよ夢を失いたもうな

わたしはタンポポとなって

あなたの窓のしたに根をおろし

いろんなことをお話してあげましょう

この世のあるかぎり

わたしはいつまでも生きつづけ

蝶とともに飛んでまいりましょう

新しい展示が始まりました

2018年6月23日

コメントはまだありません

本日より10月14日(日)まで新しい企画展「坂村真民詩集の扉書き~真民が詩集に込めた想いと言葉~」が始まりました。真民が読者の方に心を込めて書いた「扉書き」は、真民のその本に対する想いが凝縮したものです。
どうぞ、皆様のご来館を心からお待ちしております。





記念館の朴の花

2018年5月10日

コメントはまだありません

記念館の駐車場に面した小さな庭に植えてある「朴の木」が、6年目にして花を咲かせてくれましたが、最後の一輪が白い花びらを見せ始めました。この一輪だけでも駐車場は、「朴の花」の甘い香りが漂っています。
連休も終わり、仕事モードに入って、少し落ち着かれましたか。「坂村真民という生き方」展もあと一か月ばかりとなりました。
どうぞ、記念館に来て、ゆっくりとした気持ちで、坂村真民の生き方とその詩を鑑賞してください。

朴の花が届きました

2018年4月17日

コメントはまだありません

今年も真民の好きな「朴の花」が咲く季節となりました。毎年記念館に朴の花を持ってきて下さる稲荷さんが今年の「初一輪」を届けてくださいました。記念館の中が朴の花の甘い香りで一杯になっています。

朴のように

朴のように
悠々たれ
百花競い咲くとも
あせらず
気にせず
百花終わる頃
天空に
夢のような
大きな花を
咲かせるのだ
しんみんよ
朴のように
息の長い
詩人となれ


タンポポがいっぱい咲いています

2018年4月5日

コメントはまだありません

真民の一番好きな野の花「タンポポ」が記念館の中庭でいっぱい咲いています。
桜はもう終わりかけていますが、春は今まっさかりです。4月21日と22日には砥部町最大のイベント「砥部焼きまつり」が開催されます。どうぞ皆さんお誘い合わせて、記念館にお出で下さい。



新しい特別展が始まっています

2018年3月7日

コメントはまだありません

3月3日(土)より、開館6周年記念特別展「坂村真民という生き方~坂村真民の生涯を貫いた生き方とは~」が始まりました。坂村真民の生涯とその生き方に影響を与えた人や出来事を、6つの章に分けて詳しく解説し、そこから生まれた「真民詩」を展示しています。真民詩を理解するうえで、欠くことの出来ない人や出来事を分かりやすくパネルで説明してあるので、来館者の皆さんからも、今回の展示は非常に分かりやすい、とのお言葉をいただいています。
どうぞ皆さん、お誘いあわせのうえ、記念館にお越しください。お待ちしております。この記念館から10分の所の「七折梅園」も、今ちょうど見頃を迎えています。どうぞ暖かくなった砥部へ、おいでください。





  

円覚寺・横田管長のご来館

2018年2月25日

コメントはまだありません

2月23日の午後、円覚寺の横田南嶺管長が、吉田町大乗寺での「河野宗寛老師50年遠忌」出席の途上で、ご来館くださいました。お忙しい中でのご来館、本当にありがたいことです。
横田管長が鎌倉の円覚寺で毎月2回行われている「日曜説教会」では、毎回500名から600名の参加者があり、横田管長が毎回必ず「真民詩」を引用した「お話」をしてくださるので、それを聞いて、砥部の坂村真民記念館に行ってみたいと思われた方々が、毎月5~6名わざわざ東京周辺の方々が、砥部まで来てくださるという現象がここ2~3年ずっと続いています。まさに、記念館にとっては、横田管長は「如来使」なのです。心からお礼申し上げます。