文字サイズ
  • 標準
  • 大
  • 特大

坂村真民記念館 ~人はどう生きるべきか~癒しの詩人 坂村真民の世界

今月のことば
今月のことば
  • 友の会
  • 商品紹介
  • 館長ブログ
  • 携帯サイト QRコードに対応している携帯電話カメラで読み取りが可能です
  • 坂村真民記念館facebook
  • 坂村真民記念館twitter
  • 坂村真民記念館Instagram

ホーム > イベントカレンダー > 常設・企画展 > 企画展「坂村真民のまなざし」のお知らせ

常設・企画展

イベントカレンダー

企画展「坂村真民のまなざし」のお知らせ

(開催趣旨)

「坂村真民のまなざし」は、生きとし生けるものへのやさしさと愛情あふれるまなざしです。しかし、自分自身を見つめるまなざしは、いつも厳しいまなざしでした。

真民は73歳の時に、「まなざし」という言葉に出会い、78歳の時には「まなざし」という詩を書いています。

その後90歳の時に「千年のまなざし」という詩を書き、91歳になると、「宇宙のまなざし」という詩集を出版しその中で、「宇宙には対立もなく、差別もなく、すべて平等です。この心を一番持っているのが日本民族です。どうか、「宇宙のまなざし」を持つ人が一人でも多くなって、母なる星地球を平和で幸福な星とするよう、祈り願ってやみません。」と書いています。

今回の企画展では、「坂村真民のまなざし」について多角的に取り上げ、「千年のまなざし」から「宇宙のまなざし」に辿り着くまでの心の軌跡、真民が敬仰した人の「まなざし」はどんなものであったのか。「真民のまなざし」がいつも見ていた家族、生徒、生きとし生けるものたちは、どのように見つめられていたのか。そのことについて、真民詩の中から「坂村真民のまなざし」が分かる詩を中心に選び展示・解説しています。

どうぞ、真民の「まなざしの詩」をゆっくりと読んでいただき、「真民のまなざし」を受け止めて、真民からのメッセージを読み解いていただきたいと思います。

(展示構成)

作 品 名 形態 作 品 名 形態
タンポポ魂(全文) 額装 幼き者へ(全文) パネル
二度とない人生だから 額装 大きく光るもの(全文) パネル
念ずれば花ひらく(全文) 額装 若者よ(全文) パネル
ねがい(一人のねがいを)(全文) 額装 わたしの詩(全文) 額装
あじさいの花(全文) 額装 すべては光る(全文) 額装
まなざし(78歳)(全文) パネル かなしみはいつも(全文) 額装
千年のまなざし(全文) パネル あとから来る者のために 屏風
万年のまなざし(全文) パネル 南無阿弥陀佛 屏風
宇宙のまなざし(全文) パネル 一遍上人語録 軸装