文字サイズ
  • 標準
  • 大
  • 特大

坂村真民記念館 ~人はどう生きるべきか~癒しの詩人 坂村真民の世界

今月のことば
今月のことば
  • 友の会
  • 商品紹介
  • 館長ブログ
  • 携帯サイト QRコードに対応している携帯電話カメラで読み取りが可能です
  • 坂村真民記念館facebook
  • 坂村真民記念館twitter

ホーム > イベントカレンダー > 常設・企画展 > 企画展「坂村真民と箴言詩~自分を厳しく戒め、明日へ向かって生きるための詩~」

常設・企画展

イベントカレンダー

企画展「坂村真民と箴言詩~自分を厳しく戒め、明日へ向かって生きるための詩~」

開催期間 2019年6月22日(土)~2019年10月20日(日)

(開催趣旨)

坂村真民は、生きることに悩み苦しみながら、いつも自分に向かって「この生き方でいいのか」、「まだまだいかん」と自問自答しながら生きていました。

真民にとっては、詩を作ることと生きることは同じものであり、「真の人間として生きるための生き方」を模索する中で詩が生まれてくるのです。真民は、そういう「坂村真民の生き方」を常に自分自身に向けて問いかけ、その答えを「自分への戒め」「箴言」として、多くの詩を残しています。

坂村真民の詩は、「君たちはどう生きるか」を問う詩ではなく、「私はどう生きるべきか」を問う詩であり、どの詩も「君たちや貴方たちへの詩」ではなく、「自分自身に向けた詩」であり、その中心となるのが「自分への厳しい戒めの詩」なのです。

坂村真民の詩とその生き方をより深く知るためには、こうした「自分への戒め、箴言の詩」を読み解くことが、必要となってくると思います。

今回の企画展では、数多くの真民の箴言詩の中から、真民がそれぞれの時代(年代)に、生きる苦しみとともに自分への「箴言」として書いた詩を選び出して展示しています。

また、坂村真民は、自分を厳しく戒めても、いつも「前向きに生きること」を考え、「生きる希望」を持ち続けて生きてきました。そういう「自らを励ます詩」も併せて展示しています。

(展示構成)

常 設 展 作 品 名 寸  法 形態
わたしの詩(全文) 89×167 額装
大事なこと(全文) 130×87 額装
七字のうた(全文) 48×99 額装
念ずれば花ひらく(全文) 88×174 額装
一筋の道 90×111 額装
一番いい人 176×89 軸装

企  画  展 作 品 名 形態 作 品 名 形態
六魚庵箴言 額装 こぶしの花 パネル
自らを励ますうた パネル 鈍刀を磨く パネル
裸木 パネル これでよいのか 額装
こつこつ 額装 天を仰いで 額装
しんみん五訓 額装 自戒 パネル
鉄眼と一遍 パネル まだ序の口 パネル
つねに前進 額装 ただそれだけ 額装
四訓 額装 あとから来る者のために 六曲屏風