文字サイズ
  • 標準
  • 大
  • 特大

坂村真民記念館 ~人はどう生きるべきか~癒しの詩人 坂村真民の世界

今月のことば
今月のことば
  • 友の会
  • 商品紹介
  • 館長ブログ
  • 携帯サイト QRコードに対応している携帯電話カメラで読み取りが可能です
  • 坂村真民記念館facebook
  • 坂村真民記念館twitter

ホーム > イベントカレンダー > 常設・企画展 > 坂村真民の世界ーすべての人に真民詩を~ようこそ砥部町へ、ようこそ坂村真民記念館へ~

常設・企画展

イベントカレンダー

坂村真民の世界ーすべての人に真民詩を~ようこそ砥部町へ、ようこそ坂村真民記念館へ~

「坂村真民の世界―すべての人に真民詩を~ようこそ砥部町へ、ようこそ坂村真民記念館へ~」展のお知らせ

(開催期間)

第1部  平成29年 6月17日(土)~平成29年11月12日(日)

展示替え休館日 11月13日(月)~11月17日(金)

第2部  平成29年11月18日(土)~平成30年 2月25日(日)

2017年9月30日から10月30日まで、砥部町の総合運動公園を中心として「第72回国民体育大会と第17回全国障害者スポーツ大会」が開催され、全国から選手や応援団として多くの皆さんが砥部町に来られます。

坂村記念館ではこの機会に、「こつこつと努力する大切さ」、「困難の中でも生きる希望と勇気を持つことの大切さ」を詠った詩や、「人生で色んなハンディを持ちながら、それを乗り越えて生きる人々へのエールを送る詩」を数多く書いている坂村真民の人となりとその詩を、多くの人に知ってもらうために、代表的な坂村真民の詩墨作品を全館で展示することとしました。

坂村真民の詩には、「試合に勝つことだけ」を求めるのではなく、「人間として成長すること」を願って、つらい、苦しい練習を重ねて、「人間としての生き方」を求め続けることを詠った詩が多数あります。そして、そうした詩を書くために、自分自身を厳しく鍛え、毎日を「修行僧」のように生きた坂村真民の「生き方」も多くの人に感動を与えるものと思っています。

また第2部では、「家族への愛」、「家族と共に生きる喜び」を詠った代表的な真民詩の詩墨作品及び自筆の原稿作品を取り揃えてご覧いただけるように準備しております。

坂村真民記念館にとりましても、開館から5周年という節目の年を迎え、今一度原点に立ち帰り、真民詩の真髄である「生きる希望と勇気」が湧いてくる詩を厳選して展示したいと思っています。坂村真民の詩は、貧しいながらも心豊かな生活を求めた詩、どんなに苦しくても、悲しくても、生きる希望を持ち続けることを訴えた詩が中心です。

現代の日本人が、忘れかけようとしている生き方、考え方を、もう一度坂村真民の詩を通して思い出して貰い、皆さんの今後の生き方を考えるヒントにしていただければ幸いです。どうぞ、多くの方々のご来館を心からお待ちしております。

坂村真民の世界ーすべての人に真民詩を~ようこそ砥部町へ、ようこそ坂村真民記念館へ~

坂村真民の世界ーすべての人に真民詩を~ようこそ砥部町へ、ようこそ坂村真民記念館へ~