文字サイズ
  • 標準
  • 大
  • 特大

坂村真民記念館 ~人はどう生きるべきか~癒しの詩人 坂村真民の世界

今月のことば
今月のことば
  • 友の会
  • 商品紹介
  • 館長ブログ
  • 携帯サイト QRコードに対応している携帯電話カメラで読み取りが可能です
  • 坂村真民記念館facebook
  • 坂村真民記念館twitter

ホーム > イベントカレンダー > 常設・企画展 > 開館5周年記念特別展「東日本大震災と坂村真民の詩~鳥は飛ばねばならぬ、人は生きねばならぬ~」のお知らせ

常設・企画展

イベントカレンダー

開館5周年記念特別展「東日本大震災と坂村真民の詩~鳥は飛ばねばならぬ、人は生きねばならぬ~」のお知らせ

開館5周年記念特別展「東日本大震災と坂村真民の詩~鳥は飛ばねばならぬ、人は生きねばならぬ~」のお知らせ

平成29年3月4日(土)~6月11日(日)

坂村真民記念館は、2012年3月11日という特別な日にオープンしました。それは、この記念館が東日本大震災で被災された皆さんと一緒に、皆さんの気持ちに寄り添って、新たな道を共に歩き出したいと願ったからです。

坂村真民の詩には、つらい、苦しい気持ちの中で、悲しい気持を噛みしめながらも、前向きに生きることを詠った詩がたくさんあります。そうした坂村真民の詩によって、被災された皆さんの心に生きる希望と勇気を取り戻してもらいたいという願いを込めた記念館なのです。

大震災より6年を迎える今年は、震災により亡くなった方々の7回忌にも当たります。坂村真民記念館では、開館5周年記念特別展として、愛媛新聞社と共催で、東日本大震災の記憶を風化させることなく、これからも人々の記憶にしっかりと留めてもらうことを願って、「東日本大震災と坂村真民の詩~鳥は飛ばねばならぬ、人は生きねばならぬ~」展を開催いたします。

東日本大震災とその後の被災地の復興状況の記録写真を中心とした岩手日報社と愛媛新聞社の報道写真を中心に展示し、被災地の今を生きる人々の現状を見ていただきたいと思います。そして、被災者の方々に寄り添い、悲しみをともに悲しみ、困難を乗り越え、前に向かって生きる人へ「生きることの大切さ」を詠った坂村真民の詩を展示することとしております。

また、この特別展の趣旨に賛同いただいて、被災者への鎮魂と哀別の想いを込めて、臨済宗円覚寺派の横田南嶺管長に特別に揮毫していただいた「真民詩11点」を特別展示します。

坂村真民記念館にとりましても、開館から5周年という節目の年を迎え、今一度原点に立ち帰り、真民詩の真髄である「生きる希望と勇気を感じ取る詩」を厳選して展示したいと思っています。多くの皆様がこの特別展をご覧になり、東日本大震災の記憶を呼び戻し、震災後の貴重な体験を生かして、新たな時代に向かって生きてゆくことを考えていただければと思います。

坂村真民の詩は、貧しいながらも心豊かな生活を求めた詩、どんなに苦しくても、悲しくても、生きる希望を持ち続けることを訴えた詩が中心です。現代の日本人が、忘れかけようとしている生き方、考え方を、もう一度坂村真民の詩を通して思い出して貰い、皆さんの今後の生き方を考えるヒントにしていただければ幸いです。どうぞ、多くの方々のご来館を心からお待ちしております。

東日本大震災と坂村真民の詩~鳥は飛ばねばならぬ、人は生きねばならぬ~

東日本大震災と坂村真民の詩~鳥は飛ばねばならぬ、人は生きねばならぬ~